埼玉県桶川市のうさぎ幼稚園でのびのび保育

お気軽にご相談ください 048-728-2981 〒363-0006 埼玉県桶川市倉田103

うさぎ幼稚園先生のおたより”今日のできごと”

作品展を行いました

 ミニお店屋さんごっこと作品展を行いました。

 いつもなら体育館いっぱいにクラスごとの個性あふれるお店が並んで「いらっしゃいませー!」「〇〇やさんですよー!」と大盛り上がりのお店屋さんごっこですが残念ながら今年は中止に…。例年ワクワクしながら取り組んでいた商品作りの時間もなくなってしまいました。しかしながらものづくりを楽しむ体験や、「お金を出してお買い物をする」というやり取りを楽しむ体験がすこしでも出来たら、と考え、形式を変更し「作品展」を開催しました。

 まず作品展に向けて、事前にクラスごとに自由画やクラスごとの絵・工作などの作品づくりを行いました。お花紙・毛糸・布など色々な素材の手触りに想像力を刺激されながら、また様々な技法を使って思いもよらない形や絵が出来上がる過程なども含めて制作を楽しみ、出来上がった作品を体育館の壁いっぱいに展示しました。
大胆で、繊細で、伸びやかで、感性豊かな子どもたちの個性溢れる作品が並び、お友だちの作品を見つめる子どもたちも「すごいね!」「かわいい!」「○○くんの絵、あった!」「○○ちゃんの絵、髪がくるくるしててかわいいね」などそれぞれの視点や感じ方で楽しみ、担任からの「○○組さんは文字もじぶんで書いたんだって」「みんなも前にこれと同じやり方で絵を描いたことがあったね」などの声かけに、自分の経験を重ねたりお友だちと感想を交わしたりしながら充実した時間を過ごす様子もありました。また、異学年のお友だちの作品を見て「あっ、これ○○ちゃんの絵だ」と興味を持って眺めている様子も見られ、日頃から異学年のお友だちとも一緒に遊ぶ様子が多いうさぎっ子ですから、お庭で遊んでいるときにはなかなか見られないお友だちの新たな一面も、作品を通して知ることができたのではないでしょうか。

 またお店屋さんごっこの代わりに、担任の先生たちが制作した工作が楽しめるセット(ぼうし、ケーキ、凧)をお買い物できるお店をオープン、クラスごとに来店しました。「お店」にやってくると目をキラキラさせた子どもたちが「ケーキください!」「たこください!」と元気いっぱいに、またちょっぴり恥ずかしそうに店員さんの先生に伝え、かばんの中や手作りのおさいふの中に大切にしまっておいた「10えんだま」を払うと「ありがとう!」と元気にご挨拶をしてお買い物をしていきました。セットを受け取るとそわそわして袋の中を覗き込む子や、展示してあるみほんのぼうしを見て「これ、かわいい!」と嬉しそうな子も。おうちでどんな作品に変身するのか、ぜひ楽しんで作ってみて頂けたらと思います。